新人が学ぶフレームワーク

2015年4月7日


スリーインのPHPエンジニアです。

新人研修の季節になりました…

ブログで少しずつ技術的なことを展開するべく
記事を書いていこうと思い、今仕事中であるにも関わらず…

いえ、ちゃんと時間を取ってブログを執筆しております。

といっても、ネタは出尽くしているこの業界。

少しでもわかりやすく紹介していけたらと思います。
(当社ではプログラム講師もおりますので、知識の紹介はわかってもらってナンボなのです)

それでは、ここからが本題です。

テーマはタイトルにもあるとおり、新人が学ぶフレームワークって何?

PHPエンジニアとして仕事をさせてもらっていますが

仕事で触れる機会の多いフレームワークやCMS(コンテンツ・マネジメント・システム)は

  • Zend Framework
  • CakePHP
  • WordPress

です。

あくまで、自分の周りの話なので偏っている部分もありますが
Zend FrameworkとCakePHPについては、3〜5年続いている案件ベースで考えると
利用されているケースが多いと感じます。

各バージョンで見ると

  • Zend Framework まだまだ1を使っていたり…
  • CakePHP 2がちらほら…
  • WordPressはとにかく最新バージョン

といったところ。

ここは、プロジェクト立ち上げのときのバージョンのまま保守が続き
メジャーバージョンアップには、対応せずといった感が見受けられます。
(システム規模も膨らみ、バージョン切替が容易でなくなっていると感じます)

WordPressに関しては、バージョンアップの容易さやシステム規模などから
新バージョンへの移行は、影響範囲が少なく済んでいると感じます。
(バージョンアップしておかないと、狙われやすいCMSでもありますし)

どのような言語を学習するにせよ、フレームワークの一つくらいは触れておきなよと
よく話します。

では、どのフレームワークがいいの?という話になります。

結論から言わせていただきますと

「どれも一緒」

です。

投げやりな回答で申し訳ありませんが、MVCがベースになっているものであれば
どれでも構わないと感じます。

それよりも、回り道ではありますが、言語のみでフルスクラッチでアプリケーションを
作ってみることがどうしても必要です。

なぜなら、フレームワークがそうやってできているからです。

現場やプロジェクトに合わせて、フレームワークを学習することはなかなか難しいことですが
言語仕様をきちっと学ぶことは後にも先にも基礎力として残ります。

結局、フレームワーク学習をお勧めしないような話になりましたが
言語の学習に飽きたらぜひ、かじってみてください。

個人的にはCodeIgniterを使ってAPI作成を次に…と考えていますが
やるのは、その時々のトレンドでもいいのではないでしょうか。

忘れちゃならないのが、仕事ではフレームワークのコアを触る可能性が
あるということです。
(本来、触ってはいけないとこだったりするのですが)

難しいことができないと仕事のスキルは上達しませんしね。

今日はこのあたりで失礼いたします。

最後までお読みいただきありがとうございました。